ホーム > 出演者紹介 > 伊藤 淳

伊藤 淳

伊藤 淳

三線奏者、生まれも育ちも東京は武蔵野。通称Atty。
沖縄で古くから伝わる三線を奏でる楽器奏者であり、
敬愛する沖縄本島の民謡を中心としつつもジャンルに拘らず様々な歌謡・俗謡などを
三絃に乗せ唄う「うたいて」でもある。

2005年芸術を志し美術大学で絵画を学んでいたころ、
偶然に沖縄に関わる長い歴史を持つ東京中野の街で沖縄の伝統芸能・エイサーに出会う。
民俗学好きだったこともあり、始めは興味本位で太鼓を打つうちに
流れていた三線の音色に魅かれ、デパートで吊るし売りの三線を勢いで購入。
沖縄各地のエイサーを手本に唄三線を学び始める。
その後地謡(エイサーの唄い手)として長く研鑽(現在は引退)。本場・沖縄全島エイサー祭りでも地謡を務めた。
東京武蔵野に在りながら沖縄出身の若者に囲まれ、沖縄に通って民謡を学ぶうちに、
たまたま訪れた沖縄本島の民謡酒場にてベテラン唄者の方から
ライブ活動を始めるよう背中を押されたことをきっかけに演奏活動を開始。

生まれ育った東京武蔵野を拠点に各地で年間数百に渡る活発な演奏を行うと共に、
中野の沖縄祭「中野チャンプルーフェスタ」の運営に携わったり、
イベントで三線体験を催したりなどと、まだまだ知られていない部分が多い
三線の魅力を親しみやすく伝えようと活動を続けている。

2013年沖縄県にて、第十回本部ナークニー大会3位入賞(奨励賞)
中野チャンプルーフェスタ実行委員会役員